土曜日の1日
昨日はエンジェルプレバレエ、ジュニアクラスとも体調を崩してお休みしたお友達がいて少しさみしかったけど、みんなレッスンになると元気いっぱいでした。最近入会されたエンジェルのお友達もレッスンに慣れて元気に踊っています。
ジュニアAはポアントレッスンに加えヴァリエーションレッスンも少しずつ始まってやる気満々です、でもやっぱりお休みしたお友達がいるとさみしいねっと、だから早く元気になってね。

夕方はジュニアC中級クラス、超久しぶりに大学生のお兄さんがレッスンに来てくれました。進路が決まったそうで4月から県外に行くことになりました、思い起こせば随分と活躍してもらいました、長いことレッスンしていなかったけれど上手だなあっと感心しました。

そして最後はアダジオレッスン、オーバーヘッドリフトは天井に頭がぶつかるので、ものすごく慎重にします。あ〜、天井が高くならないかな〜。
そしてやはりリフトからおろす、降りるのが難しいですね、ジャンプとかでも着地同様、後の処理を美しくと若い頃先生によく注意されました。
そう、ひとつひとつの動作の終わり方は重要ですね。

そんなこんなで充実した一日を送り、夕食時、ビールは350ml1本でがまんしました。ここのところ、アルコール控え目です。

今日はスタジオにこもって次の舞台の振り付けなど考えます。

[PR]
# by tetsutango | 2016-12-04 07:30
受験
受験シーズン到来ですね、高松バレエスタジオにも中学受験を控えているお友達がおります。

私は中学受験の経験はありませんが高校受験、大学受験を経験しました。正直いってあまりいい思い出とは言えないのですが、あの頃の私は何か必死で逃げ道を探していたのではないかと思います。

学校の勉強は好きではない、いや、嫌いだったのですが、勉強して高校、大学へ進学しないと道が閉ざされたような気持ちになって追い詰められたような気がして、家でも学校でもストレスな毎日でした。受験の結果は高校大学とも志望校に合格したのですが、合格は嬉しいのですが、この先さらに勉強して試験を受けてという日々が続くのかと思うと気が遠くなりましたね。人生はこういう道しかないのか、自分にはこういう生き方しかないのか、などという思いがいつも頭の中を巡っていました。

高校に合格するための中学3年間、大学に合格するための高校3年間、無駄に過ごしたのではないかとも思った時期もありました。

今は職業バレエ教室経営、バレエ教師という肩書きになっておりますが、中学高校の6年間、私がこうなるとは全く想像できなったことです。

人生は全く予想がつかないことだらけ、それでも私達人間は社会を形成し文化、文明を築き今日があります。社会の中で生きて行くためには様々なことを学ばないといけません、学問、学業は必要です。勉強嫌いな私もそこそこ学力が身につき学ぶ力もつきました、あの6年間は無駄ではなかったのだと思います。

こんな私が言うのもなんなのですが、学べること、学ぶ環境があることはとても幸せなことです、今日の受験制度がいいか悪いかは私にはわかりませんが、とにかく学ぶのです、学び続けるのです。

頑張れ!

[PR]
# by tetsutango | 2016-12-03 00:03
空気の乾燥
乾燥のせいか老化のせいかわからないが唇の皮が………
リップクリーム塗らなきゃダメかな!

私はよく踵がカサカサになってひび割れるのでクリームを塗ります。今の季節ひび割れる前に早めの予防を心がけております。

あまり肌が強い方ではなかったので赤ちゃんにも使えると書いてあるものをよく選びます。

後、乾燥する時期にやっかいなのが静電気、街中でもドアノブとかに触れて、バチッ、アウッ ってなります。

そして髪の毛も実験に失敗した博士のようにモワッとなってしまいます、私は乾燥に弱い生き物なのかもしれません。

水分は摂っておかないといけませんね。気になるのが丁度いい湿度ってどれくらいだろう、調べてみよう。

で、今ブルーベリー黒酢を水で割って飲んでおります。酢は血管を若返りさせるということで飲んでおります、年齢からしていろいろ気をつけないといけませんね、ちなみに今日は少しビールの量を減らしました。


[PR]
# by tetsutango | 2016-12-01 23:26
原点回帰
原点回帰という言葉、耳にしたこたありますよね。

原点回帰とは
基本に立ち返ること。初心に立ち戻ること。そもそもの事の起こりに再び忠実になること。
とあります。

で、話は変わるのだが私はAmazonでよく買い物をします。会員の特典で音楽や映画、テレビ番組などが観れるサービスがあり、私はとても気に入っております。ある日のこと仮面ライダーが初回から見れることに気づき、気がつけばお昼ご飯食べながら仮面ライダーを見ていました。
確か私が4歳くらいかな、仮面ライダーが放映されたのは、夢中でしたね。
赤い布でマフラーを作り、画用紙に絵を書いて変身ベルトを作ったり、トォーっとか言って遊んでおりました。

驚いたことに今も仮面ライダーシリーズは放映されているそうです。Amazonでみられる映画の中にも昭和ライダー対平成ライダーとかたくさんありました。
最近では仮面ライダー1号を演じた藤岡弘さんが主演を務める映画が公開されたりと今尚仮面ライダーは人気なのですね。

それで有料でしたがその映画Amazonで見ました、感動しましたね、子供の頃大好きだった仮面ライダーが長い時を超え再び見れるとは。
仮面ライダーの原点はここにあり、やはり仮面ライダーの必殺技はライダーキック、サイクロン、そして絶対的な正義の味方。

仮面ライダーファンは原点回帰を望む人が多いのかもしれませんね、それに応えてくれた藤岡弘さんはとても素晴らしいです。ブラボー。

原点回帰した仮面ライダーが放映されてら毎週見るかも、しかも現行ライダーがピンチになると1号ライダーが助けにやってくるとか、いいですね〜

私は一体何を言ってるんだろう、やはり仮面ライダーは私にとって永遠の正義の味方なのでしょう。

仮面ライダーの話題になってしまいましたが私は原点回帰という言葉が好きです。

バレエを学び、仕事としている上で原点回帰は重要ですだと感じる今日この頃です。
[PR]
# by tetsutango | 2016-12-01 10:12
アダジオ
バレエでいうアダジオはデベロッペ、ロングバランス、プロムナード、パンシェなどのパをバー、センターでレッスンすることと、男性と女性が組んで踊ることを指すのですが、ここでは後者のことについて少しお話をしますね。

なんで男性と女性が組んで踊ることをアダジオ、アダージョというのかという疑問が先に立ちました、バレエ用語は音楽用語から転用されたものが多いですね。
アダジオレッスンまたはパドドゥレッスンというものがあって、主に男性が女性を支える形なのですが、それをサポートと呼んでおります。
アラベスク、アチチュードの支持、ピルエット等の回転のサポート、リフト、などなど男性は女性をサポートする技術を練習します。
体の小さな私はリフトはもちろんのこと、アラベスクのパンシェのサポートするのが大変でした。

アラベスクのオーバーヘッドリフトは女性を下ろす時の方が難しいのです。降ろす練習をするにはリフトしないといけません、よって何回も練習できるように筋トレに励みました。今でも50kgくらいまではリフトできます。ちなみに私の体重は54kgです。

ピルエットのサポートは私の身長が低いうえにても短いので苦労しました、よく腹に膝蹴り、顔にエルボーを喰らいました。

そうならないように私なりに工夫しました。どう工夫したかというのは文書じゃわからないですね。

でも、女性ダンサーを上手にサポートできたら気持ち良く踊れました。苦労はしたけどアダジオは好きです。

いつかグランパドドゥにチャレンジしてみたいと思っている方も多いと思います、ぜひがんばってチャレンジしてみてください。きっとバレエがもっと楽しくなりますよ。


[PR]
# by tetsutango | 2016-12-01 00:19
私が最初に踊った古典ヴァリエーション
以前にもブログで紹介したと思いますが、私が最初に踊った古典ヴァリエーションは海賊でした。

その当時のほとんどバレエの知識もなく映像もなく、バレエという響きと海賊という響きのギャップに興味をそそられました。

で、これが海賊の振りといわれやらされたのが一般に言う巻き込み、それが最初っからできちゃったのです。周りからすごいすごいといわれ調子に乗った私は何とか海賊のビデオを借りてそれを覚えて練習しました。

で、疑問
その1 なんで上半身裸なのか?
その2 アリとは一体何者なのか?
その3 2人と3人で踊るバージョンがなぜあるのか?
その4 女性ヴァリエーションはなで何種類もあるのか?
その5 男性ヴァリエーションの最後のジャンプは何で踊る人で違うのか?

などなどヴァリエーションを勉強するつもりのビデオが海賊の作品全体に興味を惹かれ、その他のグランドバレエも次々とみました。

で、なとかヴァリエーションをテクニックも覚え踊り通すができるようになったものの、私のヴァリエーションを見た先生方がそれぞれ全く違うことを言うのです。おやおや困りましたね〜

で、私はその先生がいらっしゃる時はその先生が仰ったことを注意して踊ると言う世渡り術を身につけました、が、二人同時にいらっしゃる時が困った。そう言う時はどうしたかと言うとアダジオに逃げるのです。

今はその当時の疑問も解消していることは言うまでもありませんが、今はYuo tubeなど動画も豊富ですしとても勉強になります。

昔は図書館に行って解剖学をはじめ色々と勉強していたのに今はすぐインターネットで勉強できる、いい時代ですね。

でも、疑問に思ったことを考えて図書館に通い多くの先生方先輩方に質問していたことも楽しい時間でした。

今は自分が先生となってバレエとともに生きているのが不思議でもあります。一日中バレエのことを考え研究し、身体を鍛えております。

では次回のテーマはアダジオです。どんなエピソードが飛び出すのか、お楽しみに。


[PR]
# by tetsutango | 2016-11-30 12:56
ヴァリエーション
クラシックバレエにおいてソロの踊りの事をヴァリエーションと言いますが、なぜ、ヴァリエーションと呼ぶのでしょう。

辞書によるとヴァリエーションとは以下の通り
変化、変化させたもの、変形、変種
一つの主題を様々に変化させる手法。その手法による楽曲、変奏曲
バレエ用語でソロの踊りのこと

とありました。

で、さらに調べてみると個々のダンサーが自分の持つ解釈の技能を表現するという点で音楽用語で変奏曲、すなわちヴァリエーションというのがバレエ用語になったらしい。

変奏曲とは主題と変奏の全体が一つのまとまった楽曲となったものとあります。

ん〜、ちょっと難しいお話になったかな!

っということはそれぞれのヴァリエーションに主題があるわけです。ヴァリエーションというと主題の解釈の技能を表現するより、ポジション、パ、テクニック自体を見せる表現に傾くことが多いように感じます。
もちろんバレエであるのでポジション、パはとても重要です。

それぞれのヴァリエーションはその作品の持つストーリー性、劇的状況、役柄等、理解することが必要です。

ヴァリエーションの振り付けを覚えてテクニックを磨くだけではもったいない。もっとバレエを学んでみよう、きっと今まで以上にヴァリエーションが魅力的に思えてきます。

そういえば私が最初に踊った古典ヴァリエーションは海賊でした。っというわけでその当時のエピソードを次回お話ししましょう。

[PR]
# by tetsutango | 2016-11-29 00:17
ウォーキング
ウォーキング

最近よくウォーキングをしています。人間は歩くのが基本じゃないかと勝手な考えで、1日8000歩を目標としています。

私の場合仕事でかなりの運動量なので必要ないじゃないかと言われそうですが、バレエの動きばかりより歩くことによって足の裏、足首、膝、股関節、腰肩、首のコンディションが整うのではないかと、またまた勝手な解釈。

でも、最近痛かった足首と膝、違和感があった股関節と腰の調子がいいんです。やはり歩くのはいいのだと感じております。

バレエでさんざん体を動かし、筋トレ、ウォーキングと私のカロリー消費はどれくらいなのだろう、今までカロリー計算なんてやったことがないのです。でも、食べるものは以前より気をつけるようになりました。
ビール、ワインの摂取量も減らさなければ、と思いつつまた飲んじゃった〜ってパターンなので何かしら策を練らなければ。

健康第一、私の今後の目標、調子に乗らない。今までの人生で調子に乗りすぎて失敗したことが多々あります。

[PR]
# by tetsutango | 2016-11-28 12:15
ストーブ
石油ストーブを出しました、そして灯油を買って来てただいま暖かい部屋でくつろいでおります。

ストーブをつけたら子供の頃からの歴史が蘇ります。匂いや音、暖かな感覚、冬の歴史を紐解く扉のようなものです。エアコンでいいのかもしれませんがストーブが恋しくなります、ストーブで沸かしたお湯でコーヒー、お餅を焼いたりとか、ん、あれ〜、このようなこと以前にも書いたことがあるような気がします。

寒さが苦手な私はストーブには思い入れが大きいのかもしれませんね。


[PR]
# by tetsutango | 2016-11-27 20:25
今年も後一ヶ月とちょっと


今年も残るところ一ヶ月とちょっと、この1年私はしっかり身体を鍛えました、昨年の発表会の後、体力が落ちたことに愕然として、筋力アップをはじめ様々なトレーニングをしました。
スタジオのすぐ近くに住居を移しほとんど行動範囲がスタジオ周辺でした。まだまだ元気にバレエに取り組みたいと思いながらビール、ワインを結構飲んだ1年でもありました。で、今年1年の私の点数は何点だろう、酒の摂取量は大きな減点ポイント、こりゃ、ダメだ〜

でも生徒たちは高得点、みんなよくがんばったと思います。実は私、意外と生徒達を見習っていることが多々あります。

どういうとこを見習っているかは、内緒です。

私はだらしないとこが多々あります、でも成長しようと思います。私も人間として、バレエの先生として成長します。今まで培った学ぶ力を発揮して成長します。

いつも生徒達から元気をもらっていることに感謝しています。

ありがとう!

[PR]
# by tetsutango | 2016-11-27 01:07



高松哲也バレエワークス
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
カテゴリ
以前の記事
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 07月
2006年 04月
2006年 01月
2005年 12月
お気に入りブログ
最新のコメント
メモ帳
ライフログ
検索
最新のトラックバック
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧